M1mac エルゴトロン LX デスクマウント モニターアーム
こちらの記事に書いたように
2021年7月に27インチiMacの動作が鈍く不安定になり、急遽24インチiMacに買い替えました。

7月19日に注文し8月6日に到着。約2週間待たされました。
僕の注文ミスが原因でもありますが、全世界的な半導体不足の影響でしょうか、、、

注文ミスの内容は「VESAマウントアダプタ搭載」を注文したつもりが、注文明細を確認すると「VESA」という文字が見当たらない。

慌ててアップルサポートに電話。嫌な予感は当たっていました。

「一旦キャンセルし、注文し直してください」とのこと。ここで気がついて良かったです。

M1Mac24 付属品

24インチiMacを6ヶ月使った感想

前評判によると「ものすごくレスポンスが速くなった」とのことですが、「驚くほどでもない」というのが僕の感想。

実際に早くなったのはこの3つです。

  • Windows10(パラレルディスクトップを使って使用)
  • Excelの起動
  • Final Cut Pro X

そもそもWindows10を使っている理由は、三菱UFJ銀行のBizSTATIONを使用しなければならなかったからです。

27インチiMacの時は遅過ぎて三菱UFJ銀行を解約しようかと思ったぐらい使い物にならない状態。
24インチiMacになってからはサクサクと動くようになりイライラすることがなくなりました。

Excelに関しては、起動時のもたつきが減ったかなという程度。
WindowsもExcelもマイクロソフトの製品なので遅いのは仕方がないですね。

Final Cut Pro Xに関しては、起動時にレインボーマークが回るものの書き出しが早いです。
27インチiMacと比べていないのですがM1Macの場合、1時間30分程度の動画で40分ぐらい。

他に早いなと感じたのが、4時間程度のzoom録画の場合、Intel製MacBook Airが17%の時点で、M1Macは変換終了です。
それとレンダリングの時のカクカクがかなり少なくスムーズになりました。

VESAマウントアダプタのメリット、デメリット

27インチiMacを使っていて高さ調整ができたらと何度も思ったので今回はVESAマウントアダプタタイプを購入。

アームは、「エルゴトロン LX デスクマウント モニターアーム」を購入。
六角レンチとか色々ついていますが取り付けは簡単です。

エルゴトロン LX デスクマウント モニターアーム


エルゴトロン LX デスクマウント モニターアーム

メリット

やはり高さを変えられる点です。少しは肩こりが改善されたかもしれません。

一番のメリットは地震対策かもしれません。
27インチiMacの時は、カインズで購入した耐震マットをスタンド底面に貼っていましたが、机に固定すると動かすのに一苦労します。

VESAマウントアダプタだと地震のことは気にせずにモニターの位置を自由に動かせるので重宝しています。

デメリット

机の後ろにある程度のスペースが必要。
もし壁にピッタリ机をつけている場合や机の奥行きが狭い場合は注意が必要です。

M1mac エルゴトロン LX デスクマウント モニターアーム
M1mac エルゴトロン LX デスクマウント モニターアーム

M1mac エルゴトロン LX デスクマウント モニターアームアームの動きをスムーズにさせるためだと思うのですが、写真の赤丸の部分の遊びがやや大きいので、厚紙を2枚程度挟んで固定しました。

若干、モニターの水平を撮るのが面倒。構造上モニターアームを横に伸ばすと傾きが出ます。
モニター自体を回転させることができるのですが、微妙な調整が必要です。

まとめ

PCで長時間作業する人には、VESAマウントアダプタがおすすめです。
高さ調整ができないと肩こりなど疲れの原因になりますからね。
それとディスクトップの場合、地震対策にもVESAマウントアダプタがおすすめです。

ただ、iMac本来の美しさ、カッコ良さは少し薄れます。

それとアームは、いくつかのメーカーから販売されていますが、「エルゴトロン LX デスクマウント モニターアーム」が一番評判が良いようです。

エルゴトロン LX デスクマウント モニターアーム マットブラック 34インチ(3.2~11.3kg)まで対応

またアマゾンからOEMで販売されているタイプは若干お安いのでこちらでも良いと思います。

Amazonベーシック デスクマウント シングル モニターアーム ブラック (11.3kgまで対応)